楽しむ つながる アイリッシュ
踊る阿呆に 弾く阿呆
 ぜんぶアイリッシュのせいだ。
いいぞ、もっとやれ。ICF

楽器クラス

※楽器は原則各自でお持ちください。楽器をお持ちでなく、楽器クラスの受講を希望される方は、比較的安価で手に入れることのできるティンホイッスルのご購入をお勧めします。ティンホイッスルに関しては数本のみ貸し出しも受付致しますのでご相談ください。

※聴講の場合でも通常参加と同料金を頂戴いたします。聴講希望の方は、申し込みの際に備考欄に記入をお願いします。

※受講できる人数に限りのあるクラスがございます。申し込みの早い人から受付いたしますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

※楽器クラスの他に、バウロン研究会、ギター研究会、歌研究会を開催予定です。スケジュール等決まり次第お知らせします♪

1・2日目 楽器別クラス

笛初級クラス 講師:須貝知世(HP
*対象者:初めての方~アイリッシュの奏法に慣れていない方

 

笛上級クラス 講師:豊田耕三(HP
上級という言葉に尻込みする必要はありません。普通に音が出てJigもReelもそこそこ弾くけれど、体が辛い、息が苦しい、指が速くは回らない、装飾の切れが良くならない、リズムがわからない、そんな悩みを抱えている方の助けにはなるかもしれません。

 

フィドル初級クラス 講師:中藤有花(HP
*対象者:初めての方~何曲か演奏できる方

 

フィドル上級クラス 講師:小松大
フィドルの演奏に慣れてきた方々を対象に、「チューンへの理解、そして自身が目指す演奏をどう深めていけるか」について学ぶクラスです。フィドルの構え方、楽器のセッティングなどにもふれていきます。

 

アコーディオンクラス 講師:田中千尋
曲を覚えながら、アイルランド音楽でのアコーディオンの基本的な奏法、装飾、リズムの感じ方、左手のボタンを用いた伴奏のつけ方などについて考えていきます。
主にボタンアコーディオンでのお話がメインになりますが、ピアノアコーディオンの方も大歓迎です。
*対象者:ボタンアコーディオン(B/C, C#/D)、ピアノアコーディオン
※講師はB/Cです。

 

コンサーティーナクラス 講師:山本晴美
コンサーティーナで演奏すると楽しい曲を時間の許す限りたくさん弾きながら、装飾や和音を効果的に使う方法をご提案します。コンサーティーナの歴史やエピソード、演奏時のコツなどもご紹介しながら基本的な奏法から簡単なダンス曲まで一緒に学びましょう。

 

イーリアンパイプスクラス 講師:内野貴文
2018年度パイプクラス担当の内野です。クラスでは、パイピングに対する理解を深め、今後皆さんがステップアップしていけるような提案ができればと思っています。お会いできるのを楽しみにしております。

 

バンジョー&マンドリンクラス 講師:Taka(HP
受講される方の上達に繋がるよう、基礎的なことから実践的なことまで幅広くスポットを当ててみたいと思っています。
トリプレット等の装飾音の付け方から、曲のアレンジの仕方、所謂「ノリ」の出し方など月並みなことはもちろんですが、それ以外にやってみたいこと知りたいことがあればぜひ質問してください。
※ブズーキ等の方で旋律のみをやりたい方も受講可能です。

 

ギター&ブズーキクラス 講師:長尾晃司(HP
長尾が今まで培ってきたスタイルや方法論をベースに、ギターでの旋律、コード、テクニック総合的に扱います。
*対象者:ギター、ブズーキなどの撥弦楽器で旋律&伴奏をしたい方
※ギター、ブズーキ希望の方はカポタストをご持参ください。

 

3日目午前 テーマ別クラス

初心者クラス 講師:須貝知世(HP
基本的なノリ、リズムや装飾についてお話します。また、JigやReelを取り上げて掘り下げていければと思います。

 

リール&ホーンパイプクラス 講師:小松大
アイルランドの伝統音楽の花形のリズムの一つであるリール、そして同じ4/4拍子のホーンパイプについて理解を深めるクラスです。生き生きとしたリズムで弾くにはどうしたら良いかを考え、そして実践していきましょう!

 

ジグ&ポルカ&スライドクラス 講師:山本晴美
楽譜にはあらわせないダンス音楽ならではのノリを身に着けるにはどうしたらよいか。それぞれのリズムの特徴を演奏を通して体感しつつ、一緒に学んでいきましょう。

アンサンブルクラス 講師:豊田耕三(HP
元来無伴奏、旋律同士のユニゾンで成り立ってきたアイリッシュ音楽ですが、このクラスでは2〜3人の旋律だけでどうやったらより合わせやすく、魅力的な音楽をつくっていけるかを、実際に少人数のグループを組んでお互い聞き合いながら一緒に考えていきます。
*対象者:曲のレパートリーが100曲以上ある方(参加者同士がお互いに曲を出し合って取り組む曲を決めるため、ある程度レパートリーが必要になるという意味です。厳密に100曲あるかチェックするようなことはありません。)
※受講者数に限りがございますので、受講希望の方はお早めにお申し込みください。

 

アイリッシュ講座 講師:Taka(HP
「地域性のクラス」は、アイルランドの各地域の音楽的な特色にスポットを当て、演奏法や楽曲の違いなどを学ぶことをテーマにしたクラスです。
アイルランド音楽と一言でいっても、アイルランドという国に統一された一つの「演奏法」や「楽曲」は存在しません。
アイルランドの北と南、西と東、それぞれの地方に それぞれの演奏法や楽曲があるのです。
このクラスではアイルランドの様々な地域の演奏法や、好まれて演奏されている楽曲、それぞれの地方の著名な演奏家などを紹介したいと思います。様々な特色を自分自身の演奏に反映していくためのヒントについても解説したいと思います。

 

伴奏クラス 講師:長尾晃司(HP
伴奏に特化したワークショップ形式で行います。
*ギター、ブズーキなどで伴奏をする方対象、またバウロン等の伴奏楽器も受講可能です

 

3日目午後 セッションクラス

アイルランド音楽が受け継がれてきた場所、パブでのセッション。
そこで若手は、ベテランたちの演奏を間近で聴き、共に演奏し、ビールを飲み語り合いながら、成長していきます。
今回、日本各地でのアイルランド音楽のセッションで活躍している講師陣6人が、ICFにてそれぞれホストとなりセッションを複数同時開催。
受け継がれてきたままのスタイルで、伝統音楽を学んでみませんか。
普段から参加している人はもちろん、初めての方も。
*初心者用の部屋もあります

 

ダンスクラス

dance_01

West Kerry(ウェストケリー) 講師:寺田まり子(CCE Japan コミッティ
「セットダンス」はアイルランドで大変愛されている、4カップル8人で踊るダンスです。
心浮き立つリール、美しいジグ、軽快なポルカ、滑らかなスライドなどなど、アイリッシュミュージックに乗って踊ります。
クラスではまずはステップや基本動作、次にセットダンスの全体を練習します。そして次は実践、皆でケーリーで踊ってみましょう!

 

Moycullen(モイカレン) 講師:寺町靖子(CCE Japan コミッティ
最近、国内のケーリーでもICFから参加し始めた若いダンサーが増えてきて、全体のレベルも徐々に上がってきていると感じます。
また、ICFを通じて全国への広がりも見せていることは本当に嬉しく思います。
セットダンスは決して簡単なダンスではありませんが、基礎をしっかり練習し、ケーリーに積極的に参加して繰り返し踊ることで徐々にダンスそのものを楽しみ、音楽を楽しみ、そしてほかのダンサーとのアンサンブルを楽しむことができるようになります。
アイルランド音楽がすきなら、ダンスも是非踊ってみるべき!踊るたびに、きっと色々な発見があるはずです。

ダンスクラスの服装について

  1. 履物は普段履きなれたもの、できれば底の滑りが良いもの。スニーカーでもできますが底の形状によっては床に引っ掛かり踊りづらいものがあります。ヒールがピンポイントの靴もあまり向いていません。 
  2. 汗をかくのでできれば着替え、汗を拭くものをお持ちください。
  3. 更衣室はとくに用意されていません。各自化粧室や宿泊する部屋で着替えてください。

お申し込みはこちら