ICF 10th
2019.3.11(Mon)-13(Wed)
国立オリンピック記念青少年総合センター
詳細

第10回ICF

ICF(Intercollegiate Celtic Festival)、記念すべき第10回!

ICFはアイルランド伝統音楽・ダンスを愛好する学生のための日本最大級のイベントです。全国各地の学生が東京に集結し、楽器やダンスの講座・交流会や全体でのセッションなどを通して交流します。

申し込みは準備が出来しだい開始します。ぜひ予定を空けておいてください!

主催: 第10回ICF実行委員会

お申し込み

Classes

ICFでは講師の方をお招きしてアイルランドの伝統音楽・ダンスについての講座を開講しています。 第10回のクラス内容については順次公開します。詳細は画像をクリックしてください。

楽器別クラス

各楽器ごとに分かれたクラスです。それぞれの楽器の奏法などを教えます。初心者用のクラスもあります。

ダンスクラス

男女のペアが4組集まって、音楽に合わせて踊る「セットダンス」のクラス。

テーマ別クラス

アイルランド伝統音楽のリズムについてや、奏者や歴史について着目した講座など、テーマに絞った講座を複数開講しています。

New: 研究会

楽器別・テーマ別の枠に収まらない、ユニークな内容の学生による講座を企画中!

注意事項

※楽器は原則各自でお持ちください。楽器をお持ちでなく、楽器クラスの受講を希望される方は、比較的安価で手に入れることのできるティンホイッスルのご購入をお勧めします。ティンホイッスルに関しては数本のみ貸し出しも受付致しますのでご相談ください。

※聴講の場合でも通常参加と同料金を頂戴いたします。聴講希望の方は、申し込みの際に備考欄に記入をお願いします。

※受講できる人数に限りのあるクラスがございます。申し込みの早い人から受付いたしますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

Events

ICF期間内には、初めて来た方にも毎年来ていただいている方にも楽しんでいただけるように、参加者同士の交流を深めるイベントをいくつか用意しています!

事前イベント: プチICF

毎年恒例プチICFは9/22に大盛況で無事開催できました。ご来場ありがとうございました。

交流会

参加者同士でレクリエーションをして交流を深める交流会。内容は当日のお楽しみ!講師によるライブパフォーマンスも予定しています!

New: セッション

せっかく全国から学生が集まっているのだから、セッションをしよう!お互いのサークルで流行りの曲を紹介しあうのもよし、一期一会の出会いを楽しむのもよし。

ケーリー Ceili By Toyota Ceili Band

ケーリーはアイルランド語で「ダンスと音楽のつどい」の意味。2日目の夜にはToyota Ceili Bandによるケーリーを開催します。

ケーリーでは、クラスで覚えたダンスをToyota Ceili Bandが生演奏で盛り上げます。クラスとは違い、踊る相手は1セットごとに参加者一人一人が決めていきます。一般のお客さんもいらっしゃいますので、色々な人に声をかけて楽しみましょう!参加人数も国内最大級です!

表参道パレード Parade By INJ

本年度も、表参道にて2019年3月17日に開催予定のアイリッシュネットワークジャパン東京主催のセントパトリックスデー・パレード東京にICFとして参加する予定です!

セントパトリックスデーとは、アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日3月17日のこと。アイルランドでは国を挙げて祝われる祝日になっています。 日本でも例年、各地でこのセントパトリックスデーの付近でパレードが開催され祝われています。

皆さんもアイルランドを象徴する緑色のものを身につけて楽しみましょう!パレードについてはその主催者であるINJ(Irish Network Japan)のイベントページもご覧ください。

Lecturers

今回クラスを担当いただく講師の方々のプロフィールです。

Taka

2010年から2011年にかけてアイルランドの西部クレア州の「フィークル村」に滞在。ティンホイッスルを皮切りにマンドリンやバンジョー、フィドル(ヴァイオリン)の演奏法を学ぶ。2015年にアイルランド公認のアイルランド伝統音楽の認定講師資格試験「TTCT Exam」に日本人として初めて合格。現在は演奏やレッスンを通じてアイルランド音楽の普及と発展に努めている。

豊田 耕三

アイリッシュ・フルート&ティン・ホイッスル奏者。東京芸術大学卒業、同大学大学院修士課程修了。2005年、東京藝術大学ケルト音楽研究部(g-celt)を創設。2016年アイルランドで開催された伝統音楽の祭典フラー・キョールのコンペティションで、ティン・ホイッスル・スローエアー部門3位入賞(アジア人初)。2017年テレビ朝日「題名のない音楽会」出演。2010年、Intercollegiate Celtic Festivalを立案し、学生と共に立ち上げる。以降アドバイザー及び講師を兼任。

高橋 創

2010年からアイルランドへ拠点を移し現地で伝統音楽を学ぶ。Friel SistersやLiam O’Brienなどアイルランドの実力ある若手音楽家たちと多数共演。日本人ならではの繊細な感性、鋭さと温もりを併せ持つ変幻自在な演奏スタイルが高く評価されている気鋭のギタリスト。

Mikie O'Shea

アイルランド南方コーク州出身。幼い頃よりポルカやスライドが盛んなシュリーヴルークラ地方の音楽をSeamus Acreage、Matt Cranitch、Geraldine O’Callaghan、Carmel O’Dea、Siobhan Croninなどより学び育つ。来日後は国際学校で教鞭をとりつつThe FlowerpotmenやToyota Ceili Band、Minami Urawa Ceili Bandなどのグループにて活躍、2018年9月よりHajime Takahashiとのデュオを結成。

権藤 英美里

東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。幼少期よりヴァイオリンを習い、大学のサークル”g-celt”でアイルランド音楽に出会う。Toyota Ceili Band、スコティッシュバンドのDúlarinn、コーラスグループANONA、など、フィドルや歌で幅広く活動している

田中 千尋

東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。学内サークルg-celtにてアイルランド音楽と出会い、ボタンアコーディオンを独学で学び始める。現在、関東圏のアイリッシュパブやカフェ、イベントでの演奏、ケーリーでの伴奏、セッションホストなどをメインに活動中。Toyota Ceili Band、セツメロゥズ、Leanbhに所属。

吉田 万紀

東京芸術大学楽理科卒業。在学中に同大学ケルト音楽研究部(g-celt)にてアイルランド音楽に出会い、2013年よりコンサーティーナを始める。その後、日本国内・アイルランドでのワークショップ等に参加し、国内外の奏者からコンサーティーナを学ぶ。

寺田 まり子

アイリッシュダンス愛好家、CCÉジャパン(アイルランド音楽家協会日本支部)書記。1996年、CCEのダンスパフォーマンスを見、私も踊りたい!と、即刻ダンスクラスに入門、以来毎回ほぼ休まず通う。アイルランドのケーリーやワークショップにも参加し、新セットの紹介やCCEでの通常クラスのサポートに努める。3年前からこのICFダンスクラスでも、若手ダンサーにセットダンスの魅力を伝えるべく奮闘中。

寺町 靖子

アイリッシュダンス愛好家、CCÉジャパン(アイルランド音楽家協会日本支部)副会長。アイリッシュダンスショー“Riverdance”に魅せられたことをきっかけに、2000年より趣味としてアイリッシュダンス(ソロダンス)を習い始め、2005年、2007年に短期でカナダにダンス留学し現地のコンペティションに出場。2001年より並行してグループダンスであるセットダンス、ケーリーダンスも習う。CCEジャパンのイベントコーディネーターとして、また現在ではセットダンスのワークショップ“アイリッシュダンスの寺子屋”インストラクターとしても、国内でのアイリッシュダンスの認知度向上や普及に努める。

About

  • ICFについて

    ICFの概要、ICF実行委員会について、運営規約

    開く
  • タイムスケジュール・宿泊

    第10回のタイムスケジュールについてと宿泊に関する注意事項

    New: 大まかなタイムテーブルを公開しました!

    開く
  • 料金とキャンセル時の対応について

    参加料金の詳細、お支払い方法、キャンセル時の対応について

    開く
  • 開催場所

    開催場所へのアクセス、地図

    開く
  • FAQs

    何かわからないことがありますか?

    開く
  • 過去のICFの様子

    過去のICFについて

    開く

News

最新の情報はTwitterをご覧ください。

Contact Us

何かご不明な点があれば、下記のフォームにご記入の上、送信してください。担当者が確認し、メールにて回答させていただきます。直接 info@icf-shamrock.com までメールをしていただいても構いません。回答は info@icf-shamrock.com からメールでお送りしますので、受信拒否の設定になっていないかを今一度ご確認ください。